体に癒し 脳・目にホスファチジルセリン/癒しの小部屋 本館

癒し系の小物も紹介する総合情報サイト|癒しの小部屋 本館

脳、目にホスファチジルセリン

体への癒し
 αリポ酸(疲労等に)
 ギャバ(ストレス・脳に)
 バレリアン(寝つきに)
 ホスファチジルセリン(脳・目に)
 ビタミンE(冷え・コリに)
 低反発マットレス(快眠に)
 DHA(脳・目に)
 アミノ酸(疲労回復、ダイエットに)
 マイナスイオン(リラックスに)
 食物繊維(腸に)
 ビタミンA(目に)
 ビタミンB群(スタミナ不足に)
 ビタミンB群の詳細
 知恵マット(腰痛に)
 ビタミンC(ストレスに)
 フットマッサージ機
 セントジョーンズワート(ストレスに)
 マカ(ストレスに)
 カルシウム(ストレスに)
 青汁(疲れ等に)
 ジョーバ(フィットネス機器)

パワーストーン
アロマテラピー
癒し系キャラクター
肌への癒し
スイーツ
書籍
音楽・DVD
お花・観葉植物
雑貨
インテリア
その他
 私は以前記憶力が落ちたときに、ホスファチジルセリンを摂り始めてから、頭がぼーっとしていたのが冴えてきました。目は、パソコンを1日中使うので、ホスファチジルセリンとDHAを摂るようになってからドライアイが楽になっています。

 目と脳は細い血管が密集していて血流が悪くなりやすく、活性酸素が発生しやすい部位です。

 ホスファチジルセリンは、血液脳関門を通過して細胞膜を柔らかくする作用があります。血管壁や赤血球の細胞膜を柔軟に保つことで血流を改善し、細胞のすみずみまで酸素と栄養素を運ばせます。

 さらにホスファチジルセリンには、細胞の表面についているレセプター(受容体)を保持する性質があります。脳の神経細胞同士は、アセチルコリンという神経伝達物質を、キャッチボールのようにやり取りすることにより情報を伝えています。

 アセチルコリンを放出したり受け取ったりするのはシナプスという接合部です。シナプスの周囲にホスファチジルセリンが十分に存在していると、細胞膜の流動性が高まるので、神経伝達物質を受け取りやすくなります。

 平均年齢60.5歳の50名にホスファチジルセリンを1日300mg、3ヶ月間摂取し続けた結果、記憶力、学習能力が向上していました。全体的には約12歳も記憶力、学習能力年齢が若返っていました。

 DHAとホスファチジルセリンを併用することで効果が上がるという報告もあります。
iconicon
PS(ホスファチジルセリン) 30日分(パウチ入) icon
\2,583
冴えた毎日に
(C)Copyright 癒しの小部屋 本館 All Right Reserved.